スタッフブログ:2018年10月

還暦を迎えて

2018.10.10 17:43

817日還暦を迎え、上山病院に在職して32.5年で定年となりました。

この歳まで健康で働けている身体に生まれたことを、今は亡き両親に感謝します。

 

私は、60歳(還暦)という言葉や年齢に何となくマイナスイメージがありました。

誕生日の当日も、普通に勤務して家に帰ってビールで乾杯ぐらいかな・・・と思っていました。ところが、透析室の〇〇さんに「師長さん、患者さんのことで相談があります」と言われ、ナースステーションに連れて行かれました。なんとビックリ!!Birthday-songから始まり・花束・寄せ書きアルバムを頂き、更には、透析室医事課からもお祝いを頂き、素晴らしいサプライズを受け感激しました。夕方は、課長会があり会議が終わったと思ったら部屋が暗くなり、またまたBirthday-songに始まり、ケーキ(ローソクの吹き消しまで)と、お祝いを頂き、思いがけないサプライズを受け、またまた感激しました。

透析室スタッフ・課長会の皆様、感激と驚きで一生分のお祝いをして貰ったような気分でした。本当にありがとうございました。

後日、看護部の役職者の方々・うえやま腎クリニック・本部長からもお祝い頂き、本当にありがとうございました。こんなに沢山のお祝いをして頂き、私は幸せです。

 

 還暦とは「数え年61歳のこと。本掛(ほんけ)がえりともいう。干支(えと)で年齢をを数えると、満60歳の年にふたたび元の干支に戻る。そこで、生まれ直すという意味もこめられている」・・・今までのマイナスイメージ打消し、60歳を機に生まれ変わった気持ちで、また頑張って行きたいと思います。

             2階透析室 師長 岩本

 

 


東京みやげ

2018.10.09 13:02

9月に研修のため東京へ行ってまいりました。

平成26年1月、日本医療機能評価機構の認定病院フォーラムに参加して以来、久しぶりの東京出張となりました。

福岡での研修へは、自己研鑽のため年に数回参加をしています。

新幹線開通で福岡へは日帰りで行けるようになったので、「わざわざ東京まで…」という感覚があり、東京へは足が遠のいていたのかもしれません。

今回の研修のテーマは、

失敗と成功の実践知に学ぶ「経営管理」
~成長の地図を描き、道を照らす経理財務・管理部門の意識改革と人材育成の視点~

という、私自身の課題にピッタリなものでした。



日本経済を支える大企業の経営幹部の方々から、「経営管理」と「人材育成」の要諦を学ぶことが出来ました。

東京と鹿児島の空気や情報スピードの違いを体感できたこと、事業の大小に関係なく、「大事にすべきこと」は同じであることも再確認でき、とても有意義な時間となりました。

研修中に具体的な提案に結びつきそうなアイデアが頭に浮かんでいますので、自分の「お土産」として持ち帰りました。
忘れないうちに形にしていきたいと思います。



写真は、もう一つの「お土産」です。

鹿児島ではなかなか経験できない、
「行列に並んで」買った
話題?のお菓子【ニューヨークキャラメルサンド】です。

こちらは職員の皆さんへの「お土産」として持ち帰りました。

いつも「お土産、ありがとうございました」との声掛けは頂くのですが、今回は、

「(すごく)おいしかったです!」

の言葉を付け加えて下さる方が多かった印象です。

本当においしいようですので、おすすめです。


    経営管理部 部長 梅森