スタッフブログ:2018年04月

命の洗濯

2018.04.13 18:11

 私は、年に一度の旅行を目標に日々仕事を頑張っています。この数年、タイミングを逃してしまい、なかなか遠出もできませんでしたが、今年は数年ぶりに海外旅行に行くことができました。9ヶ月前より行く先をあれこれ考え、市内の旅行会社のパンフレットを集めたり、ネットで検索したり、楽しみである一方、ホントに行けるかなという不安も持ちながら…。

 

 今回の旅行は、ゆっくり船の旅を選択して、地中海クルーズを体験することができました。

久々に聞く英語?イタリア語?スペイン語?全くわからなくてもどうにかなるものです。とにかく見たことのない世界を目にして、色々な国の人と一緒に笑って、会話して??楽しんで、とても良い気分転換が出来ました。

 

この旅行で命の洗濯ができたのは、日々の悩みを共に考え相談しあえる仲間がいて、そして頼もしいスタッフがいつも支えてくれているからだと感じています。皆さんありがとうございました。

 

 

冬の地中海は寒いと聞いてはいたのですが、一番寒かったのは、鹿児島でした。

  

              病棟師長 三原


続・リーナル会

2018.04.09 14:43

平成30325日、晴天の霧島ゴルフクラブにて「第52USリーナル会※」(腎愛会主催ゴルフコンペ)が開催されました。

USリーナル会の詳細については、前回のブログをご参照ください(こちら⛳)

昨年、第52回リーナル会へ向けての公約?として

①最下位脱出する

②全ホール一桁でまわる

を掲げました。

最下位争いをする予定のライバル2名がそろって欠場という予期せぬ事態に見舞われましたが、何とか最下位は脱出しました。(24人中23位)

(全ホール一桁というのは未達成でした。10打が3ホール、14打が1ホール)

 

(写真1)

日ごろ大変お世話になっている某銀行の担当者様、某寝具会社の担当者様(お二人とも月1回以上のペースでコースをまわっているそうです)、そして腎愛会での先輩で、私に腎愛会での仕事のいろはを丁寧に教えて下さったKさん(今は他社でお仕事されています)と同じ組(写真1)でした。

Kさんは、仕事が速く、お酒をたくさん飲めて、ゴルフと人付き合いの達人で、顔もひろい。仕事人としてもあこがれの存在です。

そんなゴルフの達人Kさんにアドバイスいただいたおかげで、ティーショットで1回だけ私の黄色いボールがKさんのボールに並びました。(写真2

 (写真2)


最終ホールでは、ドラコンの旗にあと数十センチというところまで飛びました。(写真3

(写真3)


リーナル会は3回目、コースをまわるのも4回目のビギナーですが、今回は少しだけ手ごたえを感じたのと、今後の練習課題(とりあえずドライバーとパター)もわかったことが収穫でした。

ゴルフのスウィングで、私は一つのポイントに気を取られると他のポイントへの注意が疎かになることが多いですが、それぞれのポイントがひとつの「線」でつながって、一連の動きとして連携できた時、結果として良いボールが飛びます。

 

ゴルフ、仕事、趣味。

基本は同じなんだと実感しました。

 

引き続きゴルフの練習(と言っても打ちっぱなしだけですが)に「も」励み、来年こそは全ホール一桁&20位以内を目指します。

             経営管理部 部長 梅森