スタッフブログ:2000年01月

第26回日本慢性期医療学会

2018.11.07 16:02

平成30101112日の2日間、城山ホテル鹿児島にて開催された第26回日本慢性期医療学会に参加してきました。

この学会は、高齢者医療全体の質の向上を図るために、日本慢性期医療協会主催で開催され、提言を行うシンポジウムや協会の研究会・委員会による特別プログラム、そして現場スタッフが日頃の取り組みを発表する演題発表を行っています。

 今回、鹿児島で初めての開催ということで、当法人も4つの演題発表を行い、私達施設課も送迎業務の業務改善について発表させて頂きました。

このような全国規模の学会で発表するのは初めてで、とても緊張しましたが、何とか無事に終えることが出来てほっとしました。

今回の演題発表に向け、これまでの事故防止に対する様々な取り組みを部署の皆で整理し、準備を進めてきました。それは施設課にとってこれまでにない良い経験だったと思います。その過程で、運行管理者を中心に、施設課全員で事故防止の為に様々な取り組みをしてきたことを振り返り、自分自身も改めて身の引き締まる思いがしました。今後も高齢者の送迎患者が益々増加する事が予想されますので、送迎の効率化を進めて対応していきたいです。

また、他の病院・企業の、災害に対する取り組みや患者の安全を考慮した病院設計などの発表を拝聴することができ、今後の設備管理業務にも活かしていきたいと考えます。

     施設課 主任 森尾