スタッフブログ:スタッフブログ

ハッピーバレンタイン

2018.02.15 18:20

2月14日のバレンタインデーに妻から手作りのカップケーキをもらいました。

食べ物を写真で撮ることの少ない私ですが、インスタ映えを目指し、1枚撮ってみました。


生後5ヶ月になる娘に対し、「何歳ぐらいになったらプレゼントしてくれるかな」と期待を抱きつつ…

「どんな男の子にプレゼントするのかな…」

「どんな男の子を好きになるのかな…」

「どんな男性と結婚するかな…」


頭の中でお嫁に行く姿を想像し、少しだけ切なく感じたバレンタインの夜でした。

ケーキは美味しくいただきました☻


         リハビリテーション科 副主任 前野


戌年

2018.02.07 16:47

新しい年が明けて1ヶ月が経ちました。

今年2018年の干支は、戌年です。

そこで、戌年はどんな年なのだろうかと調べてみました。

干支の特徴として、犬は社会性があり忠実な動物で、人との付き合いも古く、勤勉で努力家だそうです。

 

この干支の年は、「人とのコミュニケーションが円滑になる」「人との付き合い、人を深めることができる、縁がある」「勉強に励むことができる」、の特徴が良く出ると言われています。また、その年の干支を飾ると縁起が良いと言われているそうです。


 私の実家には、今年の干支の犬がいます。中年のおじさん犬ですが、甘えん坊で、黒くて丸い大きな目がチャームポイントの可愛い大切な家族の一員です。今年も実家の愛犬に沢山癒しを貰いながら、仕事にプライベートに、充実した良き一年となるように頑張っていきたいと思います。

     総務課 副主任 石井


健康体操~デイサービス光陽

2018.02.07 16:29

デイサービス光陽 介護福祉士 森山です。

1月19日にデイサービス光陽にインストラクターの方が健康体操を教えに来て下さいました。ご利用者様も普段と違う体操に意欲的に取り組まれ楽しんでおられました。

今後もこのようなイベントを行っていきたいと思います。



幸せのカタチ

2018.02.01 17:24

13時間のフライトを経て降り立った地は、オランダの首都アムステルダム、スキポール空港。不安と期待が交差しながらホテル専用リムジンバスのカウンターへ行き、ホテルの名前を告げました。すると『ディス エリア クローズ!(その地区のバスは終了)』と言われ、思わず「なんでっ!(鹿児島弁)」と言ってしまいました。

 この「なんでっ!(鹿児島弁)」はみごとに国境を越え、若いオランダ美女に伝わり「今日はカーニバルだから、車両通行止めよ~」みたいなことを言われました。仕方なく、タクシー乗り場へ。タクシーの運転手さんはとても親切な方で、カーニバルで賑わう人波の中、ホテル近くの車両区域ギリギリまで車を寄せてくれて「ホテルは橋を渡って右だよ」と、手を振りながら異国の少女(と、思っているはず)の私を見送ってくれました。そんな感じでオランダ・アムステルダムの旅がスタートしました。

私がオランダに行った理由。それは、大好きなバロック絵画を観るためです。

17世紀バロック絵画といえば、『オランダ黄金時代』といわれるほどオランダ人画家が活躍した時代で、国宝になっている絵画も多くオランダ国内でなければ見ることができません。

巨匠レンブラントをはじめ、ルーベンス、ロイスダール、ハルス、フェルメール、私の心をとろけさせたホントホルスト、印象派のゴッホ等々…数々の絵画に囲まれ夢のようなアムステルダムの日々を過ごしました。

 幸せのカタチは人それぞれ違います。これが私にとって幸せのカタチだと、うっとりした気分で帰国の途につきました。

     上山病院 外来・手術室 副主任 赤池


 

   国立アムステルダム美術館        レンブラント作「夜警」

                        世界3大名画の一つ

      

      運河(1)                 運河(2)


手作り絵馬~デイサービス光陽

2018.01.30 17:47

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

デイサービス光陽では、利用者様にスタッフと一緒に作成した手作り絵馬に願い事を書いていただきました。

「健康に過ごせますように」や「宝くじがあたりますように・・・」など、色々な願い事を書かれていました。

飾った後は、嬉しそうに皆様の願い事を見ながら会話が弾んでいました。

今年も一年、デイサービス光陽をよろしくお願い致します。

 

   デイサービス光陽  森山



QRコード

2018.01.25 09:01

皆さん【QRコード】というのを知っていますか?

黒い全体的に正方形のバーコードのようなものです。最近、お店の広告、スマートフォンで自分の情報を友人に教えたりするのによく使われています。

そしてこの【QRコード】自分たちで作成できるのです。

 

そこで今回、宇宿駅前にあるうえやま腎クリニックに【QRコード】を設置しました。

宇宿駅のホームから読み取りできるように130㎝四方の大きい【QRコード】を

作成しました。早速ホームから試している方もいらっしゃいました。

 

是非皆さんも前を通ったときは【QRコード】を読んでみてください。

どんな内容かはお楽しみに!


    総務課主任 山岡



鬼火焚き

2018.01.22 16:56

17日鬼火焚きに参加しました❗

鬼火焚きとは、正月の七日に大やぐらを焼いて正月飾りに付いてきた悪霊()を追い払い無病息災を願う鹿児島の伝統行事です。

竹のはぜる音を聞き、火の粉を浴びながら無病息災を祈りました。

やぐらの周囲では豚汁や、酒が振る舞われ地域の方々とふれあう時間がもてました。

今年も1年皆様が健康に暮らせますように🍀

             うえやま腎クリニック 副主任 新村


クリニック菜園

2018.01.19 10:07

うえやま腎クリニックには日当たりがとてもよい場所があります。

去年の初夏に「ここで野菜を育てたらすくすく育ちそうだね」と話をしていたところに寺口院長も参加され、早速、きゅうり・ミニトマト・ピーマンの苗を購入し、家庭菜園ならぬクリニック菜園をはじめました。

 

 初心者でわからない事ばかりでしたが、家庭菜園の先生がスタッフにおり、指導を受けつつ、日に日に大きく育つ野菜たちを見て、毎日楽しく育てています。おかげでたくさん実りました。

 

風の影響を受け、枝が折れてしまうこともありましたが、植物の生命力はすごいもので、そこからさらに枝を伸ばし、実をつけてくれました。皆で感心しつつ自然の恩恵をありがたく(おいしく)いただきました。季節も冬になり、現在冬野菜の芽キャベツ・カリフラワー・ブロッコリー・ワイルドストロベリーを育てていますが、夏野菜ほどぐんぐん育つことはなく、ゆっくりゆっくり成長しています。そのため少し物足りない気がしますが、野菜が出来ていく過程を見て、育てなければ知ることができなかったこともたくさんあります。

 

最近では芽キャベツの実のつけ方にびっくりしました。上の方(葉っぱ)にできるものと思っていましたが、実は茎の部分に実をつけるんですね!最初「なにか変なものができている!」と思いましたが、よくよく見れば小さな芽キャベツたちでした。寺口院長もスタッフもびっくりしましたが、楽しく成長を見守っています。(おいしく食べられるのを待っています。)

 

 野菜達の成長記録は寺口院長カメラマンが撮影をしています。

クリニックまでお越しの際は、3階外来待合室に菜園の様子を掲示していますので、ぜひご覧ください。

                うえやま腎クリニック 医事課 主任 園中

 



小鳥

2018.01.10 11:58

昨年1226日夕方、本部ビルの入口に小鳥が倒れていました。

状況から、ビルの窓ガラスにぶつかって脳震とうを起こして落ちてしまったようです。

わずかに息をしている様子だったので、保護してタオルで温めたところ、少しづつ意識を取り戻し、10分後くらいには元気になりました。

外に連れていくと、上空で待っている親鳥らしき鳥と一緒に飛んでいきました。

親鳥も心配して探していたのでしょうね。

無事、飛んで行ったのでよかったです。

 

      総務課  課長 馬場



認知症サポーター養成講座

2017.12.28 17:00

12月14日、当院にて谷山病院 鎌倉克幸病棟副師長をお招きし、認知症サポーター養成講座が開催されました。

認知症サポーターとは、「なにか特別なこと」をするのではなく、認知症の人やその家族の「応援者」として認知症を正しく理解し、偏見を持たず、本人やその家族に対して温かい目で見守るサポーターとしての役割があります。

認知症サポーター養成講座受講後は、オレンジリングを取得することができ、そのオレンジリングが、認知症サポーターの証となります。現在、約900万人の方々がオレンジリングを取得され様々な場所で活躍されています。

 2025年には認知症患者が約700万人にもなるとの報告もあり、認知症患者をサポートしていく制度の重要性が挙げられています。

 今回、オレンジリングの取得にあたり今日からでも自分が出来る事に勇気を出して取り組み、温かい気持ちでサポートしていけるよう心掛けていきたいと思います。

 

       リハビリテーション科 副主任 理学療法士 前野陽介