スタッフブログ TOP

鳥のように羽ばたきたい

2017.01.11 18:43

皆様明けましておめでとうございます。

酉年がやってきました。私、年女です。ということで還暦のお払いと同窓会に行ってまいりました。わが港町は代々受け継がれている儀式(ルート)がありまして、地元の方が取りまとめてくれています。(ありがたや ^ω^)

まず地元の神社でお祓いを済ませ、お寺で物故者の供養をしました。133名中10名の友が亡くなっています。そのお坊さんの講和で「100尺竿頭に一歩進める」という言葉を紹介してくださいました。100尺という長い竿(修行を積んで得を重ね、到達した先のこと)に止まってはならない。踏み出すことで、転落したり失敗したりするかもしれないが、これまでの積み重ねもあり、ゼロにはならない。努力を怠らず、向上心を持ち、さらに歩みを進めよということだそうです。

その後同窓会の会場へ移動し、宴会が始まりました。みんな年を重ねそれなりの格好(形相)になり、会話の最後にやっと小中学時代の面影と風景が思い出されてつながるといった繰り返しでした。出席された恩師3人の先生のお一人が「ちょうどいい」の話してくださいました。ご自身の還暦の時のお坊さんの話だそうです。

今仕事がないとか反対に忙しすぎると嘆いたり、愚痴をこぼしたり、病気になったりと色々あるけど、その時その加減で「ちょうどいい」と思うと、何でも受け入れられるというのです。たとえばこの程度の病気でちょうどよかった、仕事が見つからないけど親の介護ができるからちょうどよかった、食べ物もちょうどいいくらいで健康が保ててよいなど・・・

何かイベントがあるたびにこれでちょうどいいと思うと、気が楽で苦難も乗り越えられるということです。

先ほどの「100尺竿頭」の話に加え、「ちょうどいい」の話は相反するように思えますが、自分の生き方を考えさせられました。これまで成長させてもらったことに感謝しつつ、自分自身のため、社会に役立つため、努力し、思い切ってさらに一歩を進め、欲張らず、自分にちょうどいいと思える充実した日々が送れるようじっくり考えてみたいと思います。

私たちの年頃、まだまだ子育て中、プラス孫の面倒、親の介護、自分の病気、仕事ともりだくさんですが、久しぶりに再会した同窓生に元気をもらいました。ありがとうございました。

皆さんも鳥のように一緒に羽ばたきませんか。

 

 

会場近くの菜の花畑が、海と青空に映えてきれいでした。

 


クリスマス会

2016.12.26 09:05

1225日(日)上山病院 3階病棟でクリスマス会を開催しました。

まずは、ビンゴゲーム!

たくさんの数字がでるもの…なかなか数字が並ばないようです。(中には、ビンゴの数字の穴から覗いている患者様も…)

…しばらくすると「リーチ!」12人の方の数字が並んだようです。その後チリンチリーン♪一人の患者様が、「ビンゴ!」と、ワクワクドキドキのゲームでした。次は、“ソーラン節体操”の歌に合わせて、参加者全員で体を動かし元気な声で「どっこいしょ~」と、大変盛り上がりました。最後は、一番のお楽しみ “手作りのクリスマスケーキ”の登場。ツリー型のケーキがとてもかわいらしく美味しそうでした。栄養士さんと厨房の方々の心のこもったケーキを皆さん喜んで召し上がっていました。

 

病棟からのささやかなクリスマス会でした。

 

病棟 ケアスタッフ


  

 


年末年始

2016.12.19 10:11

早いものでもう年末間近。ただでさえ忙しい毎日なのに、これから年末年始がやってくるかと思うと頭がパンクしてしまいそうですね~。

 

さて、年末年始と言えばこんな事有りませんか?

親戚や知り合いが集まる忘年会や新年会などでお刺身を準備したけどちょっと多すぎたかな?と言う事や太公望のお隣さんから魚をたくさん頂いて食べきれない・・・

なんて言う経験。。。

 

今回はそんな時に役立つレシピを紹介いたします、それはあまった魚が数日はが新鮮に食べられる『白身魚の昆布締め』

 

 

◆用意するもの◆

※余りそうな白身の刺身か柵でも可

※昆布(安物で良いです)

※天然塩・・・これはケチらないで良いものを(味が違ってきます)

※料理酒(少々)

※ポン酢・紅葉おろし

 

◆作り方◆

①必要な長さに(刺身や柵の量に応じて)カットした昆布を布巾かペーパータオルを使って酒で拭きバットに敷きます

 

②刺身を昆布に並べ薄塩を振り


※柵の場合はあらかじめ30分ほど薄塩で絞めて水分を拭き取り昆布に乗せて下さい


③上から昆布を被せて刺身(柵)をサンドイッチしてラップで包んで冷蔵庫へ

刺身の場合は半日、柵は一日で絞まります

※ラップで包む時には少し押し付ける感じで

※絞める時間は好みに応じて調整して下さい


④身を取り出して出してラップに包んで保管しておけば 柵なら4~5日 

刺身も2~3日は持ちますよ、是非お試しあれ。

※あめ色になったら出来上がりの合図

 

⑤あとは紅葉おろしとポン酢に付けて美味しくお召し上り下さい

 

 

お役に立てれば幸いです、

次回も何かしら役立つ簡単レシピを探しておきますのでお楽しみに(^^)/


        ユーエスケイ企画 営業販売課係長 大迫

 


紅葉

2016.12.09 16:15

串木野の冠岳に行って来ました。遊歩道を散策したかったのですが

距離を見て諦めました。少しずつ色付き初めた紅葉がとても綺麗でした。

今年もあと残りわずかですが、体調を壊さないよう気合いで今年を乗り切り、

気持良く新年を迎えられるように頑張ります。


    施設課 係長 中川


  


元気をもらった熊本施設見学

2016.12.05 12:45

1115日と16日の二日間で熊本県内の3つの施設の見学に行ってきました。

目的は物品在庫管理の方法をどのようにしているのか、その方法をヒントに腎愛会の今後の管理運営に活かす為です。

1日目は鹿児島から高速で人吉~天草へ移動、夜熊本市内到着。

2日目は中央区から北区に移動し、夜6時台の新幹線で帰る。というハードスケジュールでした。

独自の方法で物品管理を確立している施設もあれば、卸会社のSPDを導入し管理している施設。どこもルールを決めて行われ発注納品日、注文単位、定数管理など各施設でそこに合った方法でそれなりに工夫して管理されていました。

 

写真は2日目の昼食時間の合間に撮った熊本城です。

メディアで流されていた通りの大きな被害を受けた熊本城がそこにあり、とても悲しくなりました。けれど今回の見学で出会った方々は皆、明るく元気で地震の時のエピソードを笑いにして話してくれたりしました。

4月の地震からもうすぐ8ヵ月が経とうとしていますが、復興はまだまだでブルーシートの屋根の景色が続く地域も少なくありませんでしたし、見学した施設内も地震で壊れて使えないところもありました。けれど皆、笑顔で元気に前に進んでいる事を、とても感じる事ができて反対に元気をもらって帰ってきました。

腎愛会とユーエスケイ企画の中にも決められたルールがあり受注、発注、納品が行われていますが、まだいろいろな事を変えてできる事があるのではないかと感じました。

今回の見学で得た知識を活かした提案ができるよう努めていきたいと思います。

 

ユーエスケイ企画 営業管理課 係長  谷  恵


  


高齢者福祉複合施設 光陽

2016.11.28 12:17

高齢者福祉複合施設「光陽」は、工事も順調に進み建物の周囲を囲んでおりました足場やネットも11月23日に取り外し、その綺麗な全容を見ることができます。今後は30戸あります居室を中心に、内装工事を進めてまいります。


11月15日に新しく開設しました、ケアプランセンター光陽も含め、施設内に4つの事業を新しく展開して行きます。その中でもデイサービスにつきましては、職員も新規採用して他施設への研修に出かけ、準備万端オープンへ向けて着々と準備を進めております。


今後は、1月早々に内覧会を開催し入居をスタートしてまいります。入居される方やデイサービスに来られる数多くの方に、この施設に来て本当に楽しく時が過ごせる、またスタッフとのふれあいが楽しくて癒される環境を整えていきたいと思います。


    開設準備室 室長 濵田


モンゴウイカ釣れちゃいました

2016.11.14 09:56

いつもの魚釣りに行きましたらば、イカ釣りの道具でもないのにモンゴウイカが掛かってくれました。
捌いて、刺身、焼き、汁物と美味しくいただきました。

 イカは気を付けないと、寄生虫がいますので、しっかりと捌かせていただきました。また釣れるといいですが、イカ釣りではなく魚釣りが目的で出かけますので、今回の釣果は幸運でした。
 630g程のイカ1杯で、家族3人お腹いっぱいでした。この恵みに感謝したいと思います。

       地域連携室 室長 有園

第6回職員講座 「歩こう!妙円寺参り」

2016.11.04 11:20

総務課では職員のみなさんが業務以外で、コミュニケーションをとる場として職員講座を企画しております。
今回は体を動かし、自然を感じ、地元の歴史に触れることができる「妙円寺参り」を企画しました。
 
10月23日日曜日の朝、あいにくの雨で中止かな?と思っておりましたが、
参加者14名全員が歩く気満々で集合しました。
最初の計画では中央駅から出発して片道20キロを歩く予定でしたが、傘を差しながらの歩行でしたので、歩道が整っているチェスト館からの道のりを歩くことにしました。
雨で自然を感じる余裕もなく、ただひたすら歩きましたが、途中地元の方のふるまいの
お茶やさつまいも、漬物などを頂きながらゴールの徳重神社まで全員が歩き切りました。
(距離が物足りない人もいたようですが、個人的にはハーフでよかったです)
妙円寺参りなのなぜ徳重神社?と疑問を抱きながら、近くの妙円寺もお参りしました。
 
皆さんから「また歩きたい!」との声があがりましたので、また来年も企画しようと思います。
私はお天気が良くても、ハーフの距離を歩きます(笑)
 
      総務課 課長 馬場
  
 

 


台風16号

2016.10.30 20:22

20日午前0時過ぎに大隅半島に上陸した台風16号により県内では、県本土に最接近した20日未明から明け方にかけ各地で暴風や猛烈な雨による被害が出ました。
大規模な停電も相次ぎ、20日午前3時には県内全体の17・6%に当たる約19万4000戸に上ったそうです。
私の地元である指宿でもトラックが横転したり、電柱の倒壊や屋根瓦が飛んだり等の被害がありました。
幸い実家の方は、屋根瓦30枚の破損と電話線が切れただけで済みましたが、養豚農家の方は、屋根が飛んでいました。すぐに修理したくても大工さんが、追いつかない状況みたいです。
瓦屋の方は、200軒から引き合いがあり、今年中には終わらず来年までかかるとのことでした。

台風は事前に備えができる災害ですが、台風が接近してからでは間に合わない対策もあります。日頃から出来る準備はしっかり整えることが重要であると改めて実感しました。

     臨床工学科 科長 有馬


  


この節目に 仕事に感謝、家族に感謝 「ありがとうございました。」

2016.10.25 10:00

私自身、医療法人腎愛会に勤務して33年目となります。

もうすぐ定年退職となり、昔の苦労した仕事の日々が、昨日の事の様に思い出されます。

本当にあっという間でした。

何を語ろうにも、兎にも角にも感謝の意を表したい。

スタッフの方々、支えて下さった先生方、家族に心の中からお礼を言いたい気持ちでいっぱいです。


心を込めて「ありがとうございました。」と・・・

  本当に「ありがとうございました。」


   うえやま腎クリニック 臨床工学科 科長 遠藤