スタッフブログ TOP

第26回日本慢性期医療学会

2018.11.07 16:02

平成30101112日の2日間、城山ホテル鹿児島にて開催された第26回日本慢性期医療学会に参加してきました。

この学会は、高齢者医療全体の質の向上を図るために、日本慢性期医療協会主催で開催され、提言を行うシンポジウムや協会の研究会・委員会による特別プログラム、そして現場スタッフが日頃の取り組みを発表する演題発表を行っています。

 今回、鹿児島で初めての開催ということで、当法人も4つの演題発表を行い、私達施設課も送迎業務の業務改善について発表させて頂きました。

このような全国規模の学会で発表するのは初めてで、とても緊張しましたが、何とか無事に終えることが出来てほっとしました。

今回の演題発表に向け、これまでの事故防止に対する様々な取り組みを部署の皆で整理し、準備を進めてきました。それは施設課にとってこれまでにない良い経験だったと思います。その過程で、運行管理者を中心に、施設課全員で事故防止の為に様々な取り組みをしてきたことを振り返り、自分自身も改めて身の引き締まる思いがしました。今後も高齢者の送迎患者が益々増加する事が予想されますので、送迎の効率化を進めて対応していきたいです。

また、他の病院・企業の、災害に対する取り組みや患者の安全を考慮した病院設計などの発表を拝聴することができ、今後の設備管理業務にも活かしていきたいと考えます。

     施設課 主任 森尾


光陽の紅葉(もみじ)~デイサービス

2018.10.31 10:28

こんにちは!デイサービス光陽看護師の東です。

寒さが身に染みて、朝なかなか布団から出られず「あともう少しだけ……ぐぅ~💤」と、二度寝の誘惑に毎朝負けてしまいます。

 

先日、「芸術の秋」ということで、利用者様に数えきれないくらい沢山の紅葉を作って頂きました。

そのおかげで、光陽のデイルームには色鮮やかで、見頃の「紅葉」が出来上がりました。

 

出来上がった紅葉を貼っていくのですが、まだ足りない、まだ足りないと、紅葉を作り続け…

「ここは赤が多いから、もう少し橙を足そうか」「緑がさし色になっていいねぇ」などなど、意見を出し合い、夕暮れにするか秋晴れの空にするか利用者様と一緒に考えながら、作成しました。

写真の様にとてもきれいな壁面飾りが出来上がりました。

皆さん得意・不得意がありながらも、制作に取り組んで頂き、完成した壁面飾りを、壁に飾るのがとても楽しみです。

 


魚料理

2018.10.27 14:20

皆さんこんにちは、

やっとブログ担当が廻って来ました! USK大迫です、ご好評に付き今回も魚料理編です。


第何回目かな?絶賛お届け致します。

今回のお魚はこちら チヌ(黒鯛)。

一般の方にはあまり馴染みが無い魚かも知れませんが錦江湾ならそこらの堤防で簡単に釣れる釣り人にはポピュラーなお魚です、しかし、身に独特の臭味が有りチヌは苦手だ、と言う方が多いようです。

今回はそんな癖の強い魚を簡単にしかも美味しく頂ける魔法のレシピを特別に無料公開致します。 

料理名は、名付けて「なんちゃって昆布締め」

 

用意するのは魚の切り身と、

 

 昆布茶だけ。

 

柵に切った黒鯛の身に昆布茶をまんべんなく裏表に振りかけたらラップで包んで冷蔵庫へ

二晩ほどそのまま寝かせて昆布の香りと旨味を浸み込ませます。

 

  

二晩冷蔵庫で寝かし取り出したものがこちら、

染み出した水分をしっかりキッチンペーで拭き取ったら、刺身に切り分けます。

 


ネギや薬味を添えて綺麗に盛り付けたら出来上がり。

 


美味しく召し上がりください。

 

 

鮭や白身魚もさらに美味しくなる技ですので是非お試しください、とっても簡単なのに

一手間かけた気分になりますよ。


次回、「なんちゃって西京焼き」をお楽しみに!!


   ユーエスケイ企画 営業販売課係長 大迫


小さい秋見つけた

2018.10.24 10:12

超身近な所で秋を見つけました。

 

法人本部ビルの金木犀が咲き、秋の甘い香りが漂ってきました。

 


金木犀(キンモクセイ)の特徴

キンモクセイはジンチョウゲ、クチナシに並ぶ「三香木」のひとつ。公園樹、生け垣、記念樹や鉢植えなどいろいろなシーンで利用されています。金木犀は芳香剤としてもおなじみの強い香りを放つ花が特徴。遠くまで香りが届くことから古くは「千里香」とも呼ばれていました。オレンジ色の小花をいっぱいつけた姿は、日差しを受けると名前の通り金色に輝いて見え、秋の風物詩となっています。食用にもなり原産地・中国では花を砂糖漬けに、リキュールにしています。鹿児島では金木犀の葉をお茶にしているそうです。

 

金木犀の花言葉

金木犀の花言葉は「謙虚」・「初恋」。

明確な色別の花言葉はつけられていません。

金木犀の花言葉の「謙虚」は、甘く素晴らしい香りに反して、控えめな小さい花をつけることにちなんでいると言われているそうです。

 

 

病院第二駐車場入り口に(お隣さんのお庭)のキリッとした綺麗な花が咲いていました。

  


※ お隣の方に許可を頂き撮影をしております。

 

【飛ぶ鳥のような美さ】ストレリチア(極楽鳥花)

南アフリカ原産のバショウ科の多年草です。草丈1~2mほどに生長し、春と秋に芽の先に鳥の口ばしのような花を咲かせます。2週間程花を咲かせ、枯れては咲くを6~8回程繰り返します。1872年より前に日本へ渡来し、現在は高級な切り花として人気です。丈夫で乾燥に強く、5℃あれば越冬できる植物です。また風水では、丸い葉っぱを上向きに咲かせることから、リビングなど人のいる部屋に飾ると運気を高めると言われています。人間関係や仕事運があがるかもしれませんよ(()

 

極楽鳥花の花言葉

『気取った恋』『輝かしい未来』『寛容』『恋の伊達者』

『気取った恋』は、ストレリチアの美しい花を見た人々がうかれ、喜んでいる姿に由来しているといわれています。

 


                            施設課 係長 中川 堅二

 


還暦を迎えて

2018.10.10 17:43

817日還暦を迎え、上山病院に在職して32.5年で定年となりました。

この歳まで健康で働けている身体に生まれたことを、今は亡き両親に感謝します。

 

私は、60歳(還暦)という言葉や年齢に何となくマイナスイメージがありました。

誕生日の当日も、普通に勤務して家に帰ってビールで乾杯ぐらいかな・・・と思っていました。ところが、透析室の〇〇さんに「師長さん、患者さんのことで相談があります」と言われ、ナースステーションに連れて行かれました。なんとビックリ!!Birthday-songから始まり・花束・寄せ書きアルバムを頂き、更には、透析室医事課からもお祝いを頂き、素晴らしいサプライズを受け感激しました。夕方は、課長会があり会議が終わったと思ったら部屋が暗くなり、またまたBirthday-songに始まり、ケーキ(ローソクの吹き消しまで)と、お祝いを頂き、思いがけないサプライズを受け、またまた感激しました。

透析室スタッフ・課長会の皆様、感激と驚きで一生分のお祝いをして貰ったような気分でした。本当にありがとうございました。

後日、看護部の役職者の方々・うえやま腎クリニック・本部長からもお祝い頂き、本当にありがとうございました。こんなに沢山のお祝いをして頂き、私は幸せです。

 

 還暦とは「数え年61歳のこと。本掛(ほんけ)がえりともいう。干支(えと)で年齢をを数えると、満60歳の年にふたたび元の干支に戻る。そこで、生まれ直すという意味もこめられている」・・・今までのマイナスイメージ打消し、60歳を機に生まれ変わった気持ちで、また頑張って行きたいと思います。

             2階透析室 師長 岩本

 

 


東京みやげ

2018.10.09 13:02

9月に研修のため東京へ行ってまいりました。

平成26年1月、日本医療機能評価機構の認定病院フォーラムに参加して以来、久しぶりの東京出張となりました。

福岡での研修へは、自己研鑽のため年に数回参加をしています。

新幹線開通で福岡へは日帰りで行けるようになったので、「わざわざ東京まで…」という感覚があり、東京へは足が遠のいていたのかもしれません。

今回の研修のテーマは、

失敗と成功の実践知に学ぶ「経営管理」
~成長の地図を描き、道を照らす経理財務・管理部門の意識改革と人材育成の視点~

という、私自身の課題にピッタリなものでした。



日本経済を支える大企業の経営幹部の方々から、「経営管理」と「人材育成」の要諦を学ぶことが出来ました。

東京と鹿児島の空気や情報スピードの違いを体感できたこと、事業の大小に関係なく、「大事にすべきこと」は同じであることも再確認でき、とても有意義な時間となりました。

研修中に具体的な提案に結びつきそうなアイデアが頭に浮かんでいますので、自分の「お土産」として持ち帰りました。
忘れないうちに形にしていきたいと思います。



写真は、もう一つの「お土産」です。

鹿児島ではなかなか経験できない、
「行列に並んで」買った
話題?のお菓子【ニューヨークキャラメルサンド】です。

こちらは職員の皆さんへの「お土産」として持ち帰りました。

いつも「お土産、ありがとうございました」との声掛けは頂くのですが、今回は、

「(すごく)おいしかったです!」

の言葉を付け加えて下さる方が多かった印象です。

本当においしいようですので、おすすめです。


    経営管理部 部長 梅森


台湾旅行の計画

2018.09.12 10:04

 20127月に友人4人で韓国へ旅行したのですが、その時のメンバーでまた海外旅行に行く話が持ち上がりました。

話が持ち上がったのは昨年の忘年会の帰りに4人で2次会に行った時。

 

「どこ行く?」  「いつごろ?」

 

その時に他の3人が「台湾」というので、年少者の私は自分の希望は伏せてみんなの言うとおりに。

そうして話を進めている今年の2月に台湾で 地震!

「台湾、大丈夫?(+o+)」  「台湾はやめよう!(>_<)

 

という事になり、私はここぞと行きたかった「シンガポール」を行き先候補にあげました。

しかし話はどんどんエスカレートしていき、


「シンガポールに行くならヨーロッパが良いよね~(^^♪」

 

と、誰かしら言いだし、またまたシンガポールは却下(T_T) 

行き先が10日間ヨーロッパ」にまでなり、収拾がつかなくなってしまいました。


    「みんな10日間も休めるの~??」

                      「休むのよー!」

「ヨーロッパどこ行く?」

               「私 フランス~」   「私はイタリア~

 

                  「けど・・・ホントに休める~??(+o+)

  

 そしてやっと先月、「台湾」で話が収まり、先日の休みに旅行会社へ相談に行ってきました。

 

        「ナイト九份に行きたい!」 「台北101に行きたい!」

 

  「小龍包を食べたい!」  「故宮博物館に行きたい!

 

         「夜市に行きたい!」 「ホテルはスーペリア以上が良い!」

 

「どうせなら台湾を縦断したい!」

 

などなど、みんな言いたい放題にそれぞれの希望を出します。

  

しかし、「日数は短く、価格は安い、しかもみんなの行きたい所を全部回って…」なんて皆の希望が叶うツアー商品など、あるはずがありません。

旅行代金が上がると「待った!」が入り、しかし、行きたいところややりたい事は妥協できず、

2時間近くの長い時間、旅行会社の担当して下さった方は嫌な顔ひとつせず丁寧に優しく対応して下さいました。

 

今のところ皆の希望を100%叶えるはずの旅行になりそうです。

しかし何時もの事ですが、旅行に行く時の事前準備スケジュール立ては全て私の役目です。

 

年長者の指示には従わねば・・・・(^_^;)

 

私の行き先の希望は通らず「台湾」になったけれど、きっとまた楽しい珍道中になる事間違いなしです。

旅行が無事終わったら、また楽しい旅の報告ができたら良いなと思っています。

 

     株式会社ユーエスケイ企画 営業管理課 課長 谷

 


釣ったどー ~デイサービス光陽~

2018.09.04 10:29

介護福祉士 益満です。

今日は先日のレクリエーションで行った、魚釣りゲームの様子を紹介したいと思います。

皆さん「あれはなんて魚かねー?」と声が出ながら、周りと糸が絡まりながらも、ものすごい集中力で、頑張って引っ掛けて釣られていました。

魚の裏に金額も書いていたので、金額で競い合ったりもしながら笑顔で楽しまれていました。

どんどん海の仲間を増やして,竜宮城みたいにしたいと思います。

  


北海道旅行

2018.08.28 10:20

 還暦の記念に友人と、初めての北海道旅行!なんと謙虚に2泊3日で業務に差し支えないようにと・・・・

 

 というのも鹿児島から中標津空港まで直行のチャーター機で2.5時間です。らくちんでした。《ここが大事です》

 

 2013年世界遺産に登録された知床半島から阿寒湖周辺に行ってまいりました。見渡す限り草原と広大な畑、防風林としての白樺や松の木の間をひた走り、野生のエゾシカやキタキツネ、ヒグマ探しの3日間でした。知床半島、野付半島周辺をクルージングしアザラシとも遭遇、大自然の中を散策して癒しとパワーをいっぱいもらってきました。特に阿寒湖畔のアイヌ文化は本質的な人の生き方が感じられ、素敵な思い出の地となりました。

 

今回の旅行、色々な方に感謝しつつ、また次のために頑張ります。

 

    訪問看護ステーション光陽 副師長 今村


 


ラッキー☆スイーツ

2018.08.22 11:16

お昼休みに上山病院の食堂でご飯を食べていると、看護師の I さんが、大きな箱を両手に抱えてテーブルまでいらっしゃいました。

「よろしかったら、お一つどうぞ」とのこと。

箱をのぞいてみると、ケーキがたくさん入っていました!



(そうか、今日は「ラッキー☆スイーツ・デー※」だ!)
※ I さんは、定期的に通っているクッキングスクールで習ったお菓子をたくさん作って、いつも職員の皆さんに持ってきてくださいます。ちなみに「ラッキー☆スイーツ・デー※」は私がそう呼んでいるだけで、病院としてこのようなイベントを行っているわけではありませんので、ご了承ください (^^ゞ

お言葉に甘えて、ひとつ頂きました。

とてもおいしい!

私は甘党ではないのですが、市内でおいしいと評判のケーキ類はそこそこ食べたことがあります。

見た目もきれいで、焼き具合や甘さもちょうど良い。
「☆☆☆」三ツ星!でした。

I さん、ごちそうさまでした。

今週もラッキー☆なことがありそうです!

   経営管理部 部長 梅森